無垢家具と、永く暮らすために

いつまでも、愛着をもって使っていただきたい。
そんな想いを込めて、グリニッチのオリジナル家具には、天然の無垢材を使用しています。

無垢材の魅力

無垢材とは、丸太から切り出したままの自然な状態の木材のこと。
合板など加工した木材にはない、素材そのものの温かみを感じられるのが、何よりの魅力です。

greeniche カフェテーブル (walnut) w800×d600

美しい木目の家具が一つあるだけで、空間はぐっと上質に。
木と暮らす感覚を味わうことができます。

経年変化を楽しむことができるのも、無垢材ならではの魅力。
年月が経つにつれて、色味が明るくなったり濃くなったりと、微妙に変化していきます。
また、定期的な手入れをしていくにつれ艶が増し、しっとりと手に馴染む感覚も味わえます。

暮らすごとに変化していく様子を感じられると、より一層家具に愛着が湧きそうです。

さらに無垢家具は、キズ・輪染みの修復も可能。
キズや輪染みができても、オイルを塗って拭き取るだけで周りとなじみ、目立ちにくくなります。サンドペーパーで磨くと、さらにキレイに消すこともできます。

永く安心して使うために、メンテナンス性は大切なポイント。
無垢家具をおすすめしたい理由のひとつです。

無垢家具と永く付き合うために


Luu table (wood top)Luu table (glass top) 

木という「自然のもの」を暮らしに取り入れるために、必要なのが使うときのケア。
でもそれは、決して難しいことではありません。

たとえば朝、お花の水を替えてあげるような、少しの配慮と優しさで大丈夫。
大切に付き合う無垢家具は、私たちの暮らしに永く寄り添い、彩りを加える存在となってくれます。

Kitchen Board (walnut) 

私たち人間と同じく、木も生き物。
膨張と収縮を繰り返すことで、空気を吸ったり吐いたり、呼吸をしています。

絶えず呼吸を続ける無垢家具は、大きさや形などが常に変化します。
でもそれは、家具が息づいている証。
無垢家具を暮らしに取り入れることは、自然との共存でもあるのです。

無垢家具と、それを使う私たちが、一緒に心地よく暮らしていくために。
グリニッチでは二つのケアをご提案しています。

無垢家具のケア1:加湿器を使う

Living Table 1200 (oak)

木が一番心地よく呼吸ができるのが、湿度45%〜70%。
これは私たち人間が過ごしやすい湿度でもあります。

私たちが暮らす家の中は、エアコンを使うなど様々な要因により、どうしても乾燥しがち。
私たち人間の肌や唇が乾いてひび割れることがあるように、
木も乾燥した状態では割れたり反ったり、といった変化が起こりやすくなってしまいます。

木に負担をかけないためにも、加湿器などを使って、適度な湿度を保つことが大切。
木だけでなく、私たちが健やかに過ごすためにも、加湿器の使用をグリニッチではおすすめしています。

無垢家具のケア2:オイルでメンテナンスをする

グリニッチの家具は 、オイルフィニッシュ仕上げ。
一般的な家具で使われる塗装仕上げと違い、木の呼吸を妨げることなく、汚れや乾燥から木肌を保護しています。
これは、無垢本来の質感を楽しんでいただきたい、というグリニッチの想いです。

定期的なオイルメンテナンスは、無垢家具をより良い状態に保つ上で大切なケア。
日々のケアに加えて、半年に一回程度、オイルを塗布することをおすすめします。
汚れや乾燥から、木を優しく守ってあげましょう。


自然に息づく木のある暮らしは、私たちの心を満たしてくれるもの。
きちんと理解し、優しく配慮して、無垢家具との暮らしをより永く楽しみましょう。

広報 岡田

ABOUTこの記事をかいた人

岡田智理

グリニッチ広報・企画担当。 インテリアコーディネーター資格、住空間収納プランナー資格を所有。 ブログや企画イベントを通して、暮らしを満たすヒントや、グリニッチが提案するさまざまな価値について、明るく楽しくお伝えしていきます。