みなさんこんにちは、代官山店の岡田です。
外出自粛が続く中、おうち時間をいかがお過ごしでしょうか?
私は、趣味のシリーズもの映画にどっぷりはまっている毎日です。

今回のテーマは「岡田のリモートワークテーブル体験記」。
以前のブログで少し触れましたが、4月からのリモートワークを受け、
新商品の「リモートワークテーブル」を、実際に我が家で使ってみることになりました。

実際に使ってみた感想や、みなさんにおすすめしたいポイントを、
私の言葉で、ありのままにお伝えしたいと思います!

「リモートワークテーブル」を使ってみました

脚の色・高さはお選べ頂けます

今回使ってみたのは、高さ65㎝。
「ソファと相性の良い高さ」と紹介されているサイズです。

そこで我が家では、おすすめのソファとの組み合わせと、
普段仕事をする際に使っているダイニングチェアとの組み合わせで使ってみました。

気づいたことは・・
あらゆる点で「ちょうどいい」テーブルだったということ!

気づき①:どの椅子とも、ちょうどいい

背筋がピンとなる高さです

ソファと合わせた場合(一人がけソファです)。
最初の印象は「少し高いかな?」というものでしたが、実際にパソコン作業をしてみると・・
テーブルの高さに合わようとして、背筋が伸びる。シャキッとした気持ちで仕事ができる感覚です。

この組み合わせでする仕事は、ブログを書いたり(まさに今)、アイデア出しをしたり・・といった、考える系の仕事です。

考えるときは、身体を後ろにどーんと預けて、リラックスします。
(リラックスしている時に、アイデアは閃きやすいのだそう)
そして「そうだ!」と思いついた時にすぐ、シャキッと身体を起こして、パソコンに文章を打ち込みます。
このメリハリ、仕事が捗る!

今までは「ソファで仕事をすると、身体も気持ちもだらんとしそう・・」と避けていましたが、
このテーブルにしてから、ソファでの仕事が増えました。

ちなみに、私は「背筋が伸びる高さ」でしたが、
夫(身長170㎝)は「自然な姿勢でちょうどいい高さ」とのこと。
女性には少し高め、男性には自然な高さ、というイメージです。

画面をちょっと見下ろす感じです。

続いて、ダイニングチェアと合わせた場合。
いつもはダイニングテーブルと合わせていたので、最初の印象は「少し低め」でしたが・・
この絶妙な低さで、パソコン作業がかなりやりやすい!

この組み合わせでは、データをまとめたり、資料を作成したり・・といった、作業系の仕事をします。
ダイニングテーブルより少し低めの65㎝〜70㎝が、パソコン作業には良いと言われていますが、確かにその通り。
肩が自然な高さで作業ができるので、肩まわりの違和感が減りました。

お家で仕事をすると、気づけば何時間もパソコン作業をしていた・・ということもしばしば。
身体への負担が少ないこの組み合わせは、そうした長時間集中する仕事にもおすすめです。

結論、ソファでもダイニングチェアでも、
どちらのワークスタイルにも「ちょうどいい」テーブルでした!

気づき②:コンパクトなサイズ感が、ちょうどいい


このコンパクトなサイズ感。想像以上に、ちょうどよかった!
55㎝×55㎝という、女性一人でもすっと持ち上げやすいサイズ。
その日の気分に合わせて、仕事場所を変えられるのも嬉しいです。

ちなみに私は隅っこが落ち着くので、お家のあらゆる隅っこで仕事をしています。(小さいスペースにもぴったり)
前述のように、その時々でソファ・椅子を使い分けられるのも、持ち運びがしやすいこのサイズ感ならでは。

そして私が特に気に入ったのが・・デスク周りがスッキリすること!

パソコンを置いたら、その横にスマートフォンと飲みものぐらい。
あとはその奥に必要なものを少し置けるだけ。
それでいっぱいになります。でも、それが良い!

置く場所が限られると、本当に必要なものだけを選んで置くようになる。
(動物の置物も私にとって欠かせないものです)
だから、自然と片付け癖もつくようになりました。

「デスクまわりがきれいな人は、仕事ができる」という話もありますが・・
それを自然にできるのも、このテーブルの魅力でした!

気づき③:おやつ、家飲みにもちょうどいい

せっかくの無垢家具を、仕事だけに使うのはもったいない・・
(天板は無垢材を使っています。それでこのお値段は本当にとってもお得)
ということで、3時のおやつ時間に使ってみました。
これもまた、ちょうどよかった!

豆大福と緑茶、ちょうど良い余白感です

ダイニングテーブルとして使うには少し狭いけれど、
「小さめのお皿にお菓子、飲みものを二人分」のおやつ時間には最適です。

デザイン性も魅力のカフェテーブル。
まさにカフェで一服しているような満足感を、お家で感じられるのも嬉しい。

また、家飲みにもちょうどいい!

普段から、「がっつりごはん」よりは
ちょこちょこつまんで、食べ終わったら次の料理を出して・・という「ゆっくりしっぽり飲み」が好きな我が家にはぴったりのサイズ感。
以前にも増して、ゆったり夕食の時間を過ごすようになった気がします。

「ちょうどいい」リモートワークテーブル、いかがでしたか?

今回使ってみた高さ65㎝の他に、ダイニングチェアとの組み合わせがおすすめの高さ72.5㎝もお選びいただけます。
商品やサイズについてのご相談など、お問い合わせはこちらよりお気軽にどうぞ!お待ちしております。

お値段もお手頃、使い勝手も見た目も◎なリモートワークテーブルで、
快適なリモートワーク、ステイホームとなりますように!

代官山店 岡田

ABOUTこの記事をかいた人

岡田智理

こんにちは!岡田智理です。 大阪生まれ大阪育ち、多趣味とフットワークの軽さが持ち味です。 暮らしについて、あれこれ考えるのも趣味のひとつ。 広報として、暮らしを楽しくするヒントや、グリニッチが提供するさまざまな価値について、 明るく楽しくお伝えしたいと思います! よろしくお願いします。