不安なニュースにあふれている近頃、外出も減り、すこし鬱々した気分の方も多いかと思います。
そんなときは、お部屋のお片付けで気分転換、というのはいかがでしょうか?

毎日1回は使うキッチンは、お片付けはじめとして、おすすめの場所。
使い良く整理して、日々の家事をすこしでも楽しめたら素敵ですね。

今回は、キッチンメーカーに勤めていた私岡田が、
キッチン収納を楽しむ3つのヒントを、ご提案したいと思います!

stringで、自分にとって「使い良い」キッチンに

私がキッチンまわりの整理にぜひおすすめしたいのが、
スウェーデン生まれの壁掛け家具「string(ストリング)」 です。

一番の魅力は、なんといっても、その柔軟性!

棚板とフレームで構成される、スマートな壁掛け収納なので、
床の置き場に束縛されること無く、つけたい位置に取り付けられます。

棚板の組み換えも自由自在、パーツを買い足していくことで拡張することも可能!

キッチンまわりにしまうものといえば、食器、調理器具、キッチン家電・・
その数や大きさは、ご家庭によって大きく異なりますよね。
また、料理の動線も、ひとそれぞれ違うものです。

使う人に寄り添うstringは、そんなキッチンまわりの収納にぴったり。
自分にとって「使い良い」キッチン空間が作れます!

①「見せる収納」で、使いやすく

たとえば、食器の収納について。

棚板だけの「見せる収納」だと、
どこに何があるか、家族みんなにわかりやすくなります。

私も「見せる収納」を取り入れていますが、
扉がないと、食器の出し入れが本当にスムーズです。
開け閉めの動作がないだけで、日常のストレスがこんなにも減るとは・・

また棚板は、奥行・間口違いで、4つのサイズから選べます。
お持ちの食器の数、大きさと相談しながら、自分の理想の食器棚が作れます!

②「吊るす収納」で、機能的かつおしゃれに

©String Furniture

フライパンやお鍋、お玉など、数が多くかさばりやすい調理器具は、
実用性と装飾性を兼ね備えた「吊るす収納」がおすすめ。
吊るすことで取り出しやすく、また調理器具がインテリアの一部にもなってくれます。

私が吊るす収納をおすすめしたいもう一つの理由、
それは「料理が楽しくなること」です!

調理器具が使いたいときにさっと、取れる。ストレスレスです。
また、調理器具がたくさん吊ってある中で料理をすると、
なんだかお店で料理をしているようで、テンションがあがりませんか・・?
(私だけでしょうか)

いずれにしても、
楽しんで作った料理の味は、そうでないものに比べてきっと、美味しいはず。


©String Furniture

さて、stringメタルタイプの棚板は、そんな「吊るす収納」にぴったり。
天板に穴が開いているので、専用のフックやレールを組み合わせることができます。
また、メタルタイプなので、キッチンのような水まわりにも最適です。

お手持ちの調理器具をもっと使い良く、そしてその魅力を引き出して、
料理をもっともっと、楽しめたら良いですね!

③「魅せる収納」で、心地よく

私の好きな料理研究家に、
キッチンに「好きなものを置くための棚」を設けて、キッチンをまるで自分のお部屋のようにして使っている方がいらっしゃいます。
好きな写真、趣味のもの、季節のお花に囲まれながら料理をすると、料理のアイデアがどんどん浮かんでくるそうです。

キッチンの収納というと、お皿やお鍋をしまうためのもの、というイメージが強いですが、
楽しむ目的の「魅せる収納」があっても良いのではないかな、と気づかせてくれました。

そんな「魅せる収納」も、stringにお任せです!

string pocketは、 幅60cm、奥行き15cm、高さ50cmと、
stringシリーズの中で最も小さいサイズ。
小物、写真、お花など、「ちょっと飾りたい」にぴったりの大きさです。

また、カラーバリエーションは10色以上!
みなさんおひとりおひとりにあった空間づくりに、きっと活躍してくれます。

キッチンを楽しむご提案、いかがでしたか?
ご紹介した中のひとつでも、みなさまの「やってみようかな」という気持ちにつながれば、嬉しく思います。

また、stringを使ったコーディネートは、お店でもご相談頂けます。
みなさまの理想の空間づくりを、ぜひお手伝いさせてください。

みなさまのご来店をスタッフ一同、心よりお待ち申し上げております。

                代官山店 岡田