前回ご紹介した事例に引き続きFLAT DESIGN OFFICE様へコーディネート協力をさせていただきました。

インダストリーな雰囲気の内装に合わせ、主にブラックを使用したコーディネートです。北欧家具を使うことで時代感が出てしまうことなくまとまりました。

ダイニングに使用したのはFDBモブラーのJ46とJ 67
チェアは全て同じものに揃えがちですが変えることでより家具が引き立ちます。
デザインはもちろん、自分に合った座り心地のものを選ぶことも大切です。
テーブルはHAYのCPH deux。ホワイトにすることでインダストリーの重たい雰囲気をすっきりとさせてくれます。

ダイニング横のカウンターにはHAYのRESULT CHAIRを合わせました。
こちらはブラックではなくグレーのフレームをチョイス。
スモークドオークの色味が床や備え付けの収納と合っているので違和感なく、むしろアクセントになっています。

階段上にはちょっとした小物を。グリニッチオリジナルのプランターです。

施主様のこだわりでしょうか、リビングは1段下がったデザインになっており、背もたれにしてもよし。腰掛けてもよしです。
今回はFDBモブラーのD20 side tableを合わせ腰掛けていただけるようシートクッションを。
施主様がこのスペースをどのように活用されるのかとても気になるところです…!

《コーディネート使用商品》