みなさんこんにちは。グリニッチ代官山です。

冬の冷え込みはまだまだ感じつつ、膨らんだ木々の蕾や穏やかな日差しに少しずつ春の訪れを感じるこの頃。今月もビンテージ家具が入荷しました。

今月は久しぶりにボリューム多めに入荷しましたが、みなさん待ち望んだようにすでにご成約となったアイテムも多数。早速ご紹介していきます。

1P Sofa D-801D807A / Ole Gjerløv Knudsen & Torben Lind

Ole Gjerløv Knudsen & Torben Lind 1P Sofa D-801D807A

デンマークのデザイナー、オーレ・ゲルロフ・クヌーセンとトーベン・リンドが共同でデザインしたソファ。3台入荷しましたが、1台はすでにご成約となりました。(もう1台はこちら

複数台並べて使えるようデザインされたフレーム。並べても隙間ができないので、2Pにしたり場所を移動して一人がけにしたり、イージーチェアのような感覚で使っていただきたい作品です。

Arm Chair D-R212D648 / Arne Vodder

ニッチなファンも多いアルネ・ヴォッダー。柔らかい本革で張ったシックなアームチェアです。

Arne Vodder Arm Chair D-R212D648

昨年11月便のブログでも彼のアームチェアをご紹介しましたが、こちらもまた特徴的な一脚。「フレームから座面を浮かせる」というヴォッダーらしいデザインは共通していますが、随所にラウンドを効かせることで、より有機的なデザインに仕上がっている印象を受けます。

奥行きはさほど深くなく、どなたにも使いやすいサイズ感だと思います。幅も見た目ほど広くないので、ダイニングやデスクに合わせたり、イージーチェアのように置いたり、様々なシーンに応用できます。男女問わず、クラシックに使っていただきたいチェアです。

Side Board D-R311D404

Side Board D-R311D404

あまりないサイズ感、仕様のサイドボード。色々見てきた中でも、少し珍しいデザインという印象を受けます。幅はぴったり1000mm、高さは1075mmと低めで、応用力の高い一点です。

向かって左側は棚板が1枚。可動式ではありませんが、B5サイズの書籍なら2段とも入ります。右側は背面がミラーになった棚板が1枚、その下にトレータイプの抽斗が2段です。上にはグラスやカップ&ソーサー、トレーにはカトラリーを入れて、キッチン周りに置くのも良さそう。

背の低さを活かすなら、天板にはぜひお好みのディスプレイを施して。大容量ではないので、スペースが限られた中で収納を増やしたい方や、今ある収納にプラスしたい、という方におすすめしたい一台です。

Dining Chair D-R212D650B / Borge Mogensen model122

Borge Mogensen model122 Dining Chair D-R212D650B

グリニッチではお馴染み、ボーエ・モーエンセンのmodel122。入荷ブログにも度々登場していますが、良いものは良いのでやはりご紹介します。

ポイントは絶妙にカーブした座面と背板。適度な幅でゆったりと座ることができ、大きな背板がしっかりと姿勢をホールドしてくれます。老若男女、誰にでも優しく寄り添うチェア。幾度となく入荷しているのに「やっぱりいいなあ」と思いながら毎度座ってしまうのは、モーエンセンの緻密なモノづくりの仕業ゆえでしょうか。

今回入荷したのは板座ではなくファブリックタイプ。イエローとブラウン(R212D650A)でそれぞれ張っているので、単体でもセットでもおすすめです。

ご来店について

代官山店では変わらずご予約優先制で営業しております。日時がお決まりの方は、ぜひこちらより事前の来店予約をお願い致します。

新作のSOHOテーブルの展示も開始し、春夏の爽やかなブランケットも入荷するなど、店舗にも新しい風が吹いています。春に向けて、また少しライフスタイルを見直してみませんか?みなさまのご来店をお待ちしています。

代官山店 木村